社葬の流れ

社葬(骨葬)の当日の流れの例

告別式の開始時刻は、午前10時から午後3時の間で決めるのが一般的です。

ここでは、仏式の社葬の告別式を例にスケジュール例をご紹介致します。

【1.ご遺骨・ご遺族親族様 ご自宅出発】

お迎え担当者が車を手配し、ご遺骨、位牌をご親族様とともに会場までご案内します。

画像:矢印

【2. 式場到着】

ご遺骨を祭壇に安置します。 お世話する方は玄関で整列いたしてお出迎えいたします。

ご遺族ご親族様を控室にご案内し、時間によってはお食事をとっていただきます。

ご来賓様、ご僧侶様も控室にご案内します。

画像:矢印

【3. 受付開始】

各部署の配備が完了した後は受付を開始いたします。

会葬者には受付した後にロビーで待機していただき、VIP(来賓)がいらっしゃった際は別の部屋へご案内しましょう。

人数によっては早めに会場にご案内する場合もございます。

画像:矢印

【4. ご遺族ご親族様を式場へご案内】

別室にて待機していたご遺族ご親族様を式場へご案内いたします。

画像:矢印

【5. 施主・喪主・役員を式場へご案内】

つづいて、施主・喪主・役員を式場へご案内します。

画像:矢印

【6. ご僧侶様を式場へご案内】

ご僧侶様を式場へご案内します。

宗教色を薄め、無宗教で行う際などは省略される場合もございます。

画像:矢印

【7. 開式】

ご僧侶様による読経、関係者による式辞、故人の生前のスライドや好きだった曲を演奏するなどの演出、また会葬者によるご焼香・献花などを行います。

画像:矢印

【8. 閉式】

会葬者の人数が多い場合は閉式をせずに流れ解散になる場合もございます。

画像:矢印

【9. 来賓関係お見送り】

VIP(来賓)は、葬儀委員長並びにスタッフがお見送りいたします。

画像:矢印

【10. ご遺族ご親族お見送り】

関係社員・スタッフ全員でご遺骨・遺族の帰邸を見送ります。